ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
808位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANA株一部売却2

ひら次郎です

保有するANA株の一部を売却しました

ANA株については
昨年3月の記事短期的な利益のために売却しないと決めていましたが

昨年7月に続いて
2回目の利確です(笑)

決め手は
・優待券の使い道がなくなった
・原油安で株価が大幅上昇
です

今回は2つ目が大きな理由です
長期保有が基本ですが
たまには利確して精神的な安定を図ります

売却を一部にとどめたのは
今後成長していくと確信を持っているため・・・

というわけでは当然なく
株主特典のカレンダーが綺麗でお気に入り
だからです(笑)


原油価格が急上昇するかもしれませんし
先のことは全くわかりません

安いと思ったら買い、高くなったら売る

これを気ままに繰り返します
このような資産運用をどうぞよろしくお願い致します

ANA株一部売却

ひら次郎です

保有するANA株を一部売却しました

昨年のボーイング787のバッテリー問題の時に購入し
保有期間は1年半程度

利益が35%を超えてきたので
保有株式の一部を売却し利益を確定させました

実際の利益は税金を引いて配当金を加えて
34.18%となりました

何%以上になったら売却といったルールは決めていませんが
なんとなくこのタイミングで売却しなかったら後悔する気がしたので一部を売却することにしました

残りの株式は優待目的で長期保有するつもりですが
株価が上がれば追加売却、株価が下がれば追加購入と柔軟に考えます

私の資産運用の目的は
銀行の定期預金よりも高い利益を上げること

今回は十分すぎる結果です
少しづつでも確実に利益を積み重ねていきます

今回の件で値崩れしている株式を購入し
長期保有し売却するということがクセになりそうです(笑)
今ならベネッセでも購入しようかなー

このような気ままな資産運用をよろしくお願いいたします

ANA株をどうするか

ひら次郎です

私はANA株を保有しています
そして売却すべきかを現在悩んでいます

今回はこれまでの検討内容を整理する備忘録です

購入理由は下記のとおり
・株主優待目的(株主優待券)
・昨年のB787のバッテリー問題で株価が下落していた

株主優待は嫁の実家へ帰省する際に飛行機を利用するため
半額となる株主優待券が魅力的に感じました
実際に、年に数万円ほど安く移動することが可能です

また購入検討時に、B787問題で株価が下落していたことも決め手です
その結果、25%以上の利益が出ています


しかし、保有の前提である嫁の実家への帰省がなくなります
(嫁の両親が関東へ引っ越してくるため)

そこで、保有するANA株をどうするのかという問題が生まれました
売却すれば一定額の利益が確保でき、購入は成功となります


論点:継続して事業成長が可能かどうか

<国際便>
・羽田発着枠拡大による増便
・訪日観光客の増大
・羽田と成田の連携強化

<国内線>
・人口減少
・新幹線(金沢、北海道)の延伸

<LCC>
・バニラエアとピーチ

<まとめ>
国際線事業は見通しが明るいです。羽田の発着枠拡大を利用して
大きく旅客数を伸ばす可能性があります
反対に、国内線は新幹線との競合で旅客数は減少するでしょう
LCCはピーチが成功、バニラエアが厳しい状態です
バニラエアは早期の黒字化が望まれます

円安や燃油高騰といった問題もありますが
羽田発着枠増加による効果は国際線だけではなく
国内線や空港内のショッピング事業にもプラスに働く可能性があり
将来的に事業が拡大する可能性は十分にあると考えます

<結論>
短期的な利益のために売却せずANA株を保有する


以上のことからANA株は保有し続けることとします
このような資産運用を引き続き宜しくお願い致します

購入検討中の株式 その1

ひら次郎です

今回が私が現在購入を検討している株式を紹介します

私が購入を検討している株式は
第一興商です


理由は
よく行くからです(笑)

主体となるのはカラオケ事業(ビッグエコー)ですが
その中の機能の精密採点DXはテレビでも使われているように
かなり精度が高く、知名度も他のメーカーの機種と比べて抜群です
私もカラオケに行くときには
精密採点があるDAMという機種を指定するようになりました

そんな理由なのかアベノミクスの効果かどうかわかりませんが
株価も上昇し、一年前は20万円弱であったものが現在30万円近くまで上昇しました
正直株価が上がりすぎたなぁというのが印象です

しかし、株主優待を見ると年間1万円の優待券があり
配当金を加えると1万6千円程度となり
年間5.3%の利回りとなります

私はこれからもカラオケには行くと思いますし
近くに優待券が使えるビッグエコーがあることを考えると
カラオケに使う支出を年間1万円削減できることになり
株価は上がりましたが決して損する買い物ではない気がしています

私は素人なのでこれから株価上昇する銘柄は予測できませんが
私にとって有利になる銘柄は
予測可能です


このような視点で
引き続き自分にとって有利になる良い銘柄を探したいと思います

お得な株主優待

ひら次郎です

今回はお得だと思う株主優待について記載します

私が現在保有する銘柄は
自社株式を除いて基本的には株主優待が目的です
そのうちの一つ
イオンについて説明します

イオンの株主優待にオーナーズカードがあります

このカード
何がすごいのかというと
イオンでの買物金額の3%が
キャッシュバックされます

(保有株式に応じて最大7%までキャッシュバック)


イオンで毎月3万円買物する家庭だとすれば
年間10800円キャッシュバックされます

これを加えて利回りを計算すると
株価を13万円、配当金を年2600円とすれば
利回りは10.3%となります
10年間で元を取れる計算になります


我が家はというと
嫁に確認すると毎月25000円程度買物しているとのこと
計算すると利回りは8.9%
迷わず買いました(笑)

異動に伴い引っ越しが発生するまでは
長期保有で株主優待の恩恵を受けたいと思います

自分の環境や生活スタイルによって
思わぬお得銘柄があるかもしれないので
身近な会社の株主優待等を調べてみるのもいいかもしれません

私も引き続き探したいと思います

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。