ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1025位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の積立額

ひら次郎です

今年も残りわずかのため
来年の積立銘柄と積立額について検討しました

今年の積立額と来年の積立額を下記の表に示します

分類銘柄2014
積立額
2015
積立額
差額
日本
株式
ニッセイ
日経225
6000 5000 -1000
自社株式30000 30000 0
日本債券なし0 0 0
アクティブファンドレオス-
ヒフミプラス
10000 10000 0
J-REIT三井住友
TAM-SMT
 J-REIT
0 5000 +5000

先進国

株式
EXE-i
先進国株式
ファンド
15000 20000 +5000
EXE-i
グローバル
中小型株式
ファンド
11000 15000 +4000
先進国

債券
EXE-i
先進国債券
ファンド
8000 10000 +2000
外貨建て
MMF
米ドル
10000 10000 0
外貨建て
MMF
豪ドル
10000 10000 0
新興国
株式
EXE-i
新興国株式
ファンド
13000 15000 +2000
三井住友
Tアジ
新興株イ
7000 10000 +3000
新興国
債券
三菱
eMAXIS
新興国債
10000 10000 0
REITニッセイ
グローバル
リート
0 10000 +10000
現物
投資
金・
プラチナ
10000 10000 0
プラチナ10000 10000 0
合計150000 180000 +30000

積立額を15万→18万に増額しました

来年は自社株式と外貨MMFを売却する予定です
それに伴い預金割合が増えるため
事前に時間をかけてリスク資産を増やし
売却時に預金割合が増えないようにします

また、外国資産を増やす方針に沿って
国内資産よりも外国資産の購入を増やしています

さらに、NISA枠を有効活用するため
J-REIT、REITを新たに積立銘柄に加えました

この方針で1年間積立を行い
また来年積立額を検討したいと思います

このような資産運用を宜しくお願い致します

不動産も買う

ひら次郎です

タイトルは今考えているNISAの使い方です

NISAの使い方は
過去の記事でも記載していたように暴落株を買う枠と
積立投資を行う枠に分けて利用することとしていました

暴落株はその時に判断するとして
積立投資する分野・銘柄を検討しなければなりません

その検討した結果が
不動産投資です

理由としては
・分散投資になる
この一点です

投資の格言に「卵は一つのかごに盛るな」というものがありますが
私のアセットアロケーションを見ればわかるように
これまで不動産には全く投資していませんでした

今まで購入していない不動産を購入すればリスク分散を図れる
新規に投資する際には大きな利点です

何を購入するかについては
・REIT(日本除く)
・J-REIT
から1銘柄づつを考えています

二つに分けた理由は
海外資産と国内資産に分けた資産管理がしやすいからです(笑)

円安が進み躊躇する気持ちもありますが
長期運用を考えているので気にせず突き進みたいと思います

このような資産運用をよろしくお願いいたします

暴落株を買う

ひら次郎です

タイトルは今考えているNISAの使い方です
これまでも暴落株の購入は検討していました

今年を例にとれば
・スカイマーク
・ベネッセ
少し前なら
・オリンパス
・東電
・パナソニック
といった企業が購入の対象です

今年は積立投資のみと決めていたので購入は見送りましたが
そういった遊び枠を儲けたいと前々から考えていました


NISAについては
積立投資を行うことを考えていましたが
制度上期限があるためメリットはいずれなくなります

それに対して、
暴落株はさらに暴落するか上昇するかはっきりしているため
NISAの期限内に売買が行われるはずです

塩漬けになり期限を過ぎた場合も通常に戻ったと考えられます
(積立の場合は期限間近に売却するか検討することになる)


課題としては
暴落する銘柄が現れずNISA枠を無駄にしてしまうこと
そのためNISA枠の半分は積立投資を行うことにします


NISAの利用法を考えた結果とも言えますが
積立投資以外の投資を行いたいという思いも背景にあります

積立投資のみを行っていましたが
変化がなく面白くありません(笑)

そんな安易な理由から、上記の方針で
来年のNISA枠を使用することにします

このような資産運用をよろしくお願いいたします

NISAの残り枠の使い方

ひら次郎です

今回は私のNISAの残り枠について考えます

現在、NISAの残り枠は55万円程度あります
NISAに関する課題は
・今年のNISAの残り枠を使うかどうか
・来年からNISA口座をどのように利用するか

の二つです

一つ目は現在の株高の状況では諦めています
私はNISAの枠を使い切ることを目的としないという考えです
あくまでも資産運用する中で便利な制度としてNISAがあり
その制度を利用しているという認識です

ただし、長期的に欲しい銘柄を探す努力は続け
見つかった場合はNISA口座で購入します


二つ目は投資信託の積立投資を考えています
今年はETFを購入しアセットアロケーションを調整しました
しかし、現在の株高の状況でまとまった金額を投資したくありません
そのため積立投資を行い、ドルコスト平均法の効果を生かすことを検討しています

ただし、積立銘柄については今後検討が必要です


現在の制度では期限が5年と設定されているため
長期積立の決断がしにくいのが正直なところです

メリットはあるがいまいち使いにくいNISA
これが率直な感想です
とはいえ、最大限有効利用する方法を考えていきます

このような資産運用をよろしくお願いいたします

NISAでの失敗

ひら次郎です

これまで計画していた通り
年末の投資信託売却分とボーナスの一部で
NISA口座でETFを購入しました

銘柄、購入金額等は下記のとおり

銘柄購入日購入額
上場インデックスファンド
新興国債券
2014/1/9125600
iシェアーズ
 先進国株ETF
2014/1/9222000
iシェアーズ
 エマージング株ETF
2014/1/9102000
iシェアーズ
 フロンティア株ETF
2014/1/17106650

これにより外国資産の割合が上昇する見込みです
少しづつ国内資産に偏ったアセットアロケーションを修正していきます

しかし、ただ一点
この購入の際に大きな失敗をしてしまいました・・・

iシェアーズ フロンティア株ETFは1/9に約定できず
再度、日を改めて購入した のですが
その際、NISA預かりではなく
特定預りとして誤購入してしまいました・・・

一度売却して再度購入しなおすか ・・・
そのまま保有し続けるか・・・
その対応について今非常に迷っています
必要のないはずの思案を強いられています

みなさまもNISAを利用する際には
預かり区分のチェックを忘れないでください

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。