ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
802位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収1000万円の貧乏人

ひら次郎です

今年設定した個人的な一年間の目標として
本を読む(10冊以上)という項目があります

そこで、最近読んだ本で資産運用に関するものをここでご報告し
自分の頭の整理や知識の定着につなげたいと思います

今回は
「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」
という本について感想を述べたいと思います

自分なりに全体的な内容をまとめると
年収1000万円稼いでもそれ以上に出費すればお金はたまらない
収入は少なくても、その収入の中から将来自分に返ってくる資産(株式、不動産など)にお金を使い
不労所得(金利、配当金など)を得ることで
お金に支配される人間(お金の奴隷)ではなく、お金を働かせる人間(お金の主人)になりなさい
というものです

個人的な感想として
全体としてのお金を働かせる人間になるという方針は理解できますが
著者が不動産投資の会社を経営しており、後半はその内容を押していて
分散投資を否定していたり、違和感を感じる部分が多々ありました

以下に賛同できる考えを何点か述べます

1.ゴールドリバー
著者はお金の流れを、川の流れに例えていて
上流(収入)→ダム(個人の財布)→下流(支出)
としています

・支出を収入内にし、ダムにお金を貯めなさい
 (収入の大きな川を作り、支出の河を小さくする)
・支出の川の中に資産に支出する川(ゴールドリバー)をつくりなさい
 (資産の河はダムから水が流れ一時的に資産は減るが、将来収入として戻ってくる)


私が家計管理をしているのも貯まる水の量を明確にするためですし
収入から株式や債券など積立投資(資産の河)に支出しています(ゴールドリバー作り)

2.投資のリスク
リスクをとるとは損失を覚悟することである
いくらリターンが見込めていても損失を被る可能性はある
その損失を事前に考えて覚悟して投資をすることが必要


私も総資産のうち何割がリスク資産かを把握し
暴落した場合に、総資産がいくらになるかというのは頭の中にイメージしています


著者は、最終的には投資家になることを目的としていて
私の働きながら資産を形成していくという方針とは異なるため
前述のとおり違和感が多かったというのが感想です

ひら次郎の気ままなお勧め度は
★★☆☆☆(星2つ)
としたいと思います

こんな感じで、たまにご報告していきたいと思います
スポンサーサイト

<< 株価暴落...その時 | ホーム | 積立銘柄の追加購入 2013年8月 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。