ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
827位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のシャドーバンキング問題

ひら次郎です

今日の新聞の一面に
「中国が貸出金利の下限撤廃」という
ニュースがありました

中国が段階的にでも金融改革を行っていくことは
シャドーバンキング問題の解決に向けて
非常にいいニュースと前向きにとらえています

ただ、この対策の効果がどれだけあるかは
素人である私には全くわかりません(笑)
そのため、今後専門家がどう評価するかを注目したいと思います


また、前回のブログで中国のシャドーバンキングの問題に対して
・自社株式の売却(売却価格を下げる)
・三井住友Tアジ新興株イの一部売却
というリスクを低減させる対策を検討していました

検討結果としては
・自社株式の売却価格は下げない
・三井住友Tアジ新興株イは売却しない

という方針で進めていきます

理由としては
自社株式に関しては
現在、従来の売却予定価格付近まで株価が上昇してきており
売却価格を下げる必要性がないこと

三井住友Tアジ新興株イに関しては
三井住友Tアジ新興株イは総資産の3%程度であり
目的であるリスク低減の効果が低い
また、現在の外国資産の割合を増やすという方針に反する

という考えからです。


これが正解か間違いかはわかりませんが
このような問題に対して自分なりに対処法を考えることで
自分の成長につなげていきたいと思っています
スポンサーサイト

<< クレジットカードの選択 | ホーム | 積立銘柄の追加購入 >>


コメント

なんとなく乗り切りそうな気がしてます

こんにちは。はじめまして。

中国はなんだかんだ言って
大きな金融ショックにはならずに
乗り切ってしまいそうな気がしています。

シャドーバンキング問題は
日本の不動産バブルや米国のサブプライムと
同じ構図になっていると言われているようですが、
中央政府の金融政策の強制力が強いところが、
日本や米国と違うかなと考えてます。

あくまでも素人の希望なのですが(笑)

というわけで僕も外国株式の積立を
コツコツと続けていきたいと思ってます。

>mochi様
はじめまして
そしてコメントありがとうございます

シャドーバンキング問題はmochiさんがおっしゃる通り、深刻化せずに乗り切ってしまえばうれしいですね
素人である私には分析も解決策の検討も不可能なので
そのリスクを把握して自分なりに対応していくことをきっちりやっていきます

乗り切った → よかったねー
深刻化した → しょうがないねー
が理想です(笑)

ブログ拝見しましたが、いろいろと分析されていて
大変参考になりました
これからもよろしくお願いします

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こちらこそよろしくお願いします

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。