ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
2366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
818位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界同時株安時の振返り

ひら次郎です

少し時間は経ちましたが
世界同時株安について振り返ってみたいと思います

今月に入り株価は下落し先週は特に顕著でした
調べていませんがおそらく私が資産運用を始めてから
一番の下落となっているはずです

保有資産も先月までほとんどプラスの運用益だったものが
現在はマイナスの銘柄もチラホラ・・・
特に新興国の下落が顕著となっています

総資産も一ヶ月で80万円程度減少しました

そんな時、私はどうしていたかというと
やべー、総資産下がっちゃったなぁ
と思うだけでした(笑)

特に売りに出すことも買いに走ることもなく
ただ、総資産の下落を見守るのみ(笑)

他のブロガーさんの中には機動的に動いた方もいて
投資家としてのレベルの違いを感じました

とはいえ欲しい銘柄の株価が下がってきたので
火曜が終わった段階で2,3の銘柄に指値を入れました
もちろん水曜も下がると見込んだ指値です

結果
株価が上がって買えない
一歩遅かったですね(笑)

結局、総資産の下落を見守るばかりで
仕込みもできなかったひら次郎ですが
今回の一件で学んだこともあります

利益確定は重要

私の場合、先月自社株式を売却していたこともあり
下落してもある程度は余裕を持っていられました
好調時はこのまま行けると思いがちですが
欲張らずにある程度の水準で利益を確定していこうと思います

このようなひら次郎の気ままな資産運用を
これからもどうぞよろしくお願い致します
スポンサーサイト

家計収支 2015年7月

ひら次郎です

今回は2015年7月分の家計収支です

以下が7月の家計収支となります

収入 項目7月
予算実績
給与290,000 283,271
賞与 0
妻給与100,000 103,000
その他2,000 1,236
合計392,000 387,507
支出 項目7月
予算実績
家計75,000 71,182
新聞4,500 4,509
水道5,700 4,892
電気6,300 5,994
ガス3,400 2,329
NHK  
ネット6,100 6,156
携帯6,500 7,306
交際費20,000 5,300
外食費25,000 21,621
衣服費15,000 3,888
suica(昼食代他)20,000 40,000
スポーツ/資格15,000 16,600
嫁小遣い30,000 58,419
その他10,000 21,992
合計242,500 270,188
収支項目7月
予算実績
収支149,500 117,319
貯蓄率38.1 30.3

2015年7月の収支は11.7万円の黒字でした

<収入について>
6月の残業を抑えることができたため収入は予算を下回りました
ただ、これはむしろ喜ばしいこととして考えています
自分が自由に使える時間は大切です

<支出について>
Suicaと妻の小遣いからが予算よりも多く
全体としても予算をオーバーしました

・家計
家計は予算内で収まりました

・交際費
会社関係の飲み会が少なく予算内となりました
もともとの予算を多く設定していたので来年は修正します

・外食費
友人との飲み会や行きつけの居酒屋にも行ったものの
なんとか予算内に抑えることができました

・衣服費
定期的に店を見ているものの見つからず何も購入していません
ポロシャツとか欲しいものはあるんですが
お気に入りが見つかりません
散髪代のみを計上しました

・Suica(昼食代他)
7月は家計の支払いもスイカで済ませることが多く
予算をオーバーしました

・スポーツ/資格
打ちっぱなしゴルフの費用に加えて
応援しているサッカーチームのユニフォームを買いました
その結果予算オーバーとなりました

・嫁小遣い
妊娠したため通勤に自転車を使うことができず
タクシーで職場に行くことになりました
その結果予算オーバーとなりました

・その他
書籍の購入と実家への帰省により
予算オーバーとなりました

収入と支出が予算オーバーで収支も計画を下回りました
家計の黒字が資産運用の要となりますので
気を引き締めて来月以降を過ごしたいと思います

このようなひら次郎の家計管理をどうぞよろしくお願いします

アセットアロケーション 2015年7月末

ひら次郎です

今回は2015年7月末のアセットアロケーションをご報告します

image007_20150815185805cf2.png

各資産の割合は以下の通り
分類割合(%)先月比
預金16+5
日本債券31-2
日本株式27-2
先進国株式5 
先進国債券5 
新興国株式7 
新興国債券3 
アクティブファンド3 
J-REIT1 
REIT1 
金・プラチナ2 
その他資産0 

7月は自社株式を売却したことにより
預金の割合が上昇し、日本株式の割合が減少しました
また、総資産が増加したことにより
相対的に日本債券の割合が減少しています

各資産をまとめた表を以下に示します
西暦外国
資産
株式
資産
リスク
資産
新興国
投資
預金
2015年
6月
20.2 44.9 56.1 9.8 11.2
2015年
7月
19.5 41.7 52.8 9.1 15.8

7月は自社株式を売却したため
株式資産、リスク資産が減少し預金の割合が上昇しました
中国の不安から外国資産、新興国投資も減少しています
預金の割合はある程度目標としていた水準となりました

自社株式を売却し国内株式の割合が下がるかと思いましたが
他の銘柄の上昇により大きく下がることはありませんでした
少しづつ目標とするアセットアロケーションにしていきたいと思います

このようなひら次郎の気ままな資産運用を
これからもどうぞよろしくお願い致します

総資産額 2015年7月末

ひら次郎です

2015年7月末の総資産額(生活防衛資金除く)をご報告します

総資産額(生活防衛資金除く)は
1910.4万円(先月比+75.9万円
となりました

先月と比較し、総資産額がプラスとなりました

理由は
・家計の黒字
・株価の上昇
です

<家計>
残業はピークを過ぎて収入は少なくなりましたが
支出も概ね予算内に収まったため家計は黒字を確保しました
家計は常に黒字を維持していくことが大切です

<株価>
中国の問題で新興国株式は大幅にマイナスでしたが
保有する日本株式の株価が上昇し大きくプラスになりました
ボーナスで購入した自社株式の積立額の反映とGDOの躍進が
総資産額を大幅に押し上げました

今月はボーナス支給月を超える増加額となりました
珍しいことではありますが総資産の増加に一喜一憂することなく
淡々とやるべきことを行っていきます

このような資産運用を引き続きよろしくお願いいたします

マンション探しの旅③

ひら次郎です

前回に引き続きマンション購入の旅の続きです
前回:マンション探しの旅②

二件目のマンション申し込みを一件目の値段交渉に利用しようと思い
購入申し込みを行ったひら次郎
今回はその後のマンション探しの旅の様子です

二件目のマンションのキャンセル待ちの結果が来るのは週末
それまで他の新築物件を探すことにしました

これまで見学に行った
一件目のマンションの地域をA
二件目のマンションの地域をB
とします

今回探したのは今まで価格が高いと諦めていたCという地域

A,Bの物件の話を聞く中で対象外のC地域のマンションも
予算的に購入可能ということが分かってきました

そのため、C地域のマンションを調べてみると
駅徒歩4分の物件が販売予定
さらに調べてみると場所も駅に近い割には落ち着いていて静か
とても魅力的な物件に感じました
とにかく個人的にC地域がとても好きなのです
(妻はA地域を気にっていたのですが・・・・(笑))

その時の心境はというと
Cの物件>>>Aの物件

評価が完全に逆転しました(笑)
とはいえ、Cの物件は情報が出たばかりで
販売予定はまだまだ先になるとのこと

悩ましい!!
いま販売していればC地域の物件の購入に動いていたのに・・・
と思いつつ、とりあえずキャンセルについての連絡を待つことにしました


週末になり業者から連絡が来ました

気になる結果ですが
・二件目の物件はキャンセルなくそのまま契約

まぁまぁ、それはオーケー
キャンセルになったほうが困るし、本命は一件目
一件目の値段交渉ができるかが気になるところ

一番気になる一件目の部屋はというと
・既に契約済み
とのこと・・・

値段交渉のしようがありません(笑)
完全に策士策に溺れる・・・


とはいえ、C地域の物件に心変わりしていたため
大きなショックは受けることはありませんでした
(妻はショックだったみたいですが・・・)

ということで
マンション探しが振り出しに戻ってしまったひら次郎
残ったのは、少し勉強した知識とC地域の物件情報のみ
C地域のマンション販売まで時間があるため
一度スーモに行ってみようと予約の連絡を入れました

その判断がマンション探しの方向性を変えることを
ひら次郎はまだ知る由もないのでした

つづく

これはバブル?

ひら次郎です

今回は保有するGDOについて記載します
これまでにもGDOの記事を記載してきました
関連記事:GDOの躍進
関連記事:GDOの躍進2

先月(7/4)のGDOの躍進2では「1月の購入時から100%株価が上昇した」という驚きを記事として書きました

そこから1ヶ月
上昇率は230%を超えました
1ヶ月でさらに130%の上昇です

もはや私の理解を超えました(笑)
出口戦略を考え、購入金額分を売却して残りを保有する
といった方法も検討しましたが

結論
とりあえず今は行き着く先を見てみよう(笑)

上昇率はすごいですが
購入金額は16万円程度と少ないため
失っても大きなダメージは受けません
(逆に言えば利益も金額的には大きくありません)

それよりも売却せずに保有し続けた時の
自分の心理状況がどうなるかに興味を持ちました
滅多にない機会だと思いますので

株価が上がった時、暴落した時、じっくりと自分を観察します(笑)
買い増しも売却もせず、ただただGDOを見守るのみです

原油、東芝ともう少し下がったら購入しようかな
そんなことを考えているひら次郎でした

マンション探しの旅②

ひら次郎です

前回に引き続きマンション購入の旅の続きです
前回:マンション探しの旅①

一件目のマンションを気に入るものの営業を信頼できず
購入申し込みはせずに他の物件を見るたことにしたひら次郎
今回は二件目のマンション見学の旅の様子です

最初に実物を見たため、次はモデルルームに行くことにしました
気になったのは一件目と同じ売主が販売する別のマンション
一件目の情報も聞けるかも知れないという期待もありました

電話をしてみると
まだモデルルームの状態にも関わらず残り1部屋の状態
加えて見学に行こうしている日に2組が来場予定で
2回目の見学のため購入申し込みとなる確率が高いとのこと

とはいえ、あくまでも本命は一件目
焦らず騒がずとりあえずモデルルームに行くことにしました

営業の人にはこれまでの状況をお伝えして説明を受けました

・マンションの感想
設備  △
立地  〇
間取り △
価格  ◎
設備が落ちることや面積が小さいことを差し引いても
それを上回る魅力を価格の安さに感じました

・営業の方の感想
まだ若く知識は少ないけど信頼できる
一件目よりも設備面は劣ると正直に認めたことに好感が持てました

購入する気はないまま見学に行きましたが
立地が一件目よりとても良く、価格もはるかに安い
売れている理由が分かり少し興味をもちました
営業さんによると最初の物件がまだ売れていないのは
価格設定が高いからとのこと

残り1部屋を見学に来たのは事前連絡の通り3組
そのうち1組とモデルルームの中ですれ違いました
多分購入を焦らせようとさせるための作戦だろうなぁと感じつつ
モデルルーム見学後に商談となりました

営業さんと話をしている間に
モデルルームですれ違った1組が購入を申し込んだとの連絡
営業さんの作戦勝ちだなぁと思っていると営業さんから
「申し込みがキャンセルとなった場合に備えて購入申し込みをされますか?」という提案

正直この物件を購入する気はなかったので
「残念ですが縁がなかったと考えます」
という旨をお話しその日は帰宅しました

帰宅してから考えたのは
・二番手で申し込んでも一番手がキャンセルする可能性は低い
・購入する意思を示せば一件目の物件が価格交渉がしやすくなるかも
そんなシナリオを考え、翌日に二番手での購入申し込みを電話連絡したのでした

2日後の購入申し込みの際、営業の方から
「もしキャンセルにならなかった場合は1件目の物件は候補となりますか?」という願ってもないご提案

「とても気になっている物件ですので有力候補です」
と回答し、キャンセルの有無の連絡とともに一件目の物件の状況も教えてもらえるように依頼しました

ここまでは描いたシナリオ通り
キャンセルの連絡が来るのは翌週の日曜日なので
のんびりと物件を探しつつ連絡を待つひら次郎でしたが
その計画を根本から覆す物件の登場が近づいているのでした・・・

つづく

マンション探しの旅①

ひら次郎です

前回に引き続きマンション探しの旅の経過を報告します
前回:マンションの購入を考えたはじめた理由

家の届いたマンションのチラシに興味を持ったひら次郎
動きだけは機敏なのですぐに電話して見学予約

建物は出来上がっていたので実際の現物を確認できました
(マンション販売では実物を見て検討する方が稀で、モデルルームを見て判断し青田買いするのが主流らしいです)

繰り返しとなりますが、ボロボロの家に住んでいる私にとって
出来立て、ピカピカの最新設備のマンションは余りにも魅力的(笑)
つわりがひどかった妻も見学に行き、一瞬で恋に落ちてました

今回が初めてのマンション訪問であることを伝え、営業さんに基本から説明してもらいました

・マンションの感想
設備  〇
立地  〇
間取り ◎
価格  △
価格は初めて見たこともあり高いなぁという印象をもちました

・営業の方の感想
とても胡散臭い(笑)

結果として正しいことを説明していたのでしたが
当時は何も知識がなかったので不信感が拭えませんでした

翌週も同じマンションを訪問し
気になっている間取りの部屋を見学し納得の出来栄えでした
(使いやすそうな間取りと価格も安めでバランスが取れていました)

ただ、営業の人が全く信用できない(笑)
訪問までの1週間で本は3冊くらい読みましたが所詮付け焼刃
自分の判断を信じて購入を決めることはできませんでした

本に書いてあった価格の交渉もうまくいかなかったので
違う物件も見て比較・判断ができるようにしようということになりました

結果的にこの判断がマンション探しの旅を長い旅にさせることを
その時のひら次郎は知らないのでした・・・

つづく

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。