ブログパーツ アクセスランキング

プロフィール

ひら次郎

Author:ひら次郎
30代サラリーマン
家族は妻一人

投資スタイルは
・インデックス積立投資
・株主優待目的
・長期保有
を基本としていますが
その時々の状況に合わせて柔軟に投資しています

日々の考えを綴る資産運用日記です

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

お気に入りのブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
3046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
1016位
アクセスランキングを見る>>

リンク元ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

これまでの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックと経済

ひら次郎です

2020年のオリンピック開催が日本に決まりました
子供のころからオリンピックが好きだったので
4時55分に目覚ましをかけて歓喜の瞬間を味わいました

5時に発表のはずが
発表前のセレモニーか何かで
5時15分頃まで発表が延びたため眠くて大変でしたが...(笑)

いずれにせよ
世界的なビッグイベントが日本で開催され
それに向けて子供たちが頑張る
現役の選手がそこまで現役を続けようとする
人々が開催を楽しみにする

ということは
デフレや失われた20年などと言われてきた
日本の社会にとって
大きな希望となるんだろうなぁと思います

私もとても喜んでいます


一年前の私であれば
このくらいの感想で終わっていたんでしょうが
資産運用を始めた今の私は
他にも考えることがあります(笑)

オリンピックの経済効果や関連銘柄の株価です

ニュースに書かれていた関連銘柄の株価を確認しました
不動産、建設会社、鉄道、スポーツなどとなりますが
総じて上昇しています(笑)

さすが投資のプロはもうすでに仕込み済みといった感じでしょうか?
正式に開催が決まってこれから利益確定に動くのか?

こんな世の動きから経済のことを考えられるようになれたのも
一年間の自分の成長だなと思いつつ
オリンピックの日本開催決定を喜びながら
自社株の予定売却価格までの上昇をひっそりと期待しています
スポンサーサイト

投資と人間力

ひら次郎です

今日は株価が下がったものの
今週は日経平均株価が14000円を超えるなど好調でした

私は積立投資を長期で行うスタンスなので

株価が上昇したら
評価額が上昇したのをみて喜び
株価が下落したら
積立しやすくなると喜ぶ
という何とも楽な気持ちでいるんですが

自動積み立ては月初めに行っているため
積立時期の株価上昇は損した気持ちになります(笑)

長期で考えれば短期の株価上下は大した問題ではないと
頭では理解していても、感情はそうはいかない(笑)

小さな人間だなぁと感じる瞬間です
そんな自分に気づかされるのも投資の魅力な気がします

どこで買うのかどこで売るのか判断力も試されますし
投資して得られるリターン以外にも
楽しみや得られるものは多いと感じています


オリンピックの日本開催が決まったら
株価は上がるのかなぁ
そうしたら保有株が予定売却額まで上昇して売却し
アセットアロケーションの調整ができたらいいなぁ

なんてことを
ぼんやりと考えている今日この頃です

投資のメリット

ひら次郎です

タイトルの投資のメリットは人それぞれいろいろあると思います
資産増加や株主優待、経済知識の向上などがあげられるでしょう

その中で私が一番メリットと感じていることは
総資産と家計の収支の把握です

投資を行うためには
まず家計の収支がプラスとなり総資産を把握することが大前提です
しかし、先日の新聞で総資産を答えられない人が多いという記事がありました

投資を行う前の私も同じように
家計がプラスかマイナスか、総資産がいくらあるのか全く把握しておらず
通帳を何か月に一回記帳して増減を確認するくらいでした...

投資を始めて総資産を確認し、アセットアロケーションを考え
家計の収支からどれだけの金額を投資に回せるかを考える
投資に回すために家計の余計な支出(固定費)を削減しようと行動する

これこそが投資の最大のメリットなのかなと感じています

当たり前のことですが、出来ていない人が多い
とても大切なことだと思います

長期と短期

ひら次郎です

6/14に積立銘柄を50000円分追加購入しました

具体的な銘柄は
ニッセイ日経225       10000円
三井住友T外国株インデe  10000円
三井住友T外国債インデe  10000円
三菱eMAXIS新興国株   10000円
三菱eMAXIS新興国債   10000円
となります

購入理由はアセットアロケーションの調整となります
現在は日本株式に大きく偏っているので、海外資産を買い増し調整を行っている段階です
(日本株式は下落していたので購入しました)


投資の視点として長期か短期があると考えています
この二つの視点については今後しっかり検討したいと思っていますが、今考えていることを簡単に下記にまとめます

<長期視点での相場>
・10年以上先の資産を最大化することを目的とする
・ドルコスト平均法でリスク低減していく
・株価下落局面では安く購入できるチャンスと喜ぶ
・株価上昇局面では少ししか購入できないと残念に思う

<短期視点での相場>
・日々の資産を増やすことを目的とする
・相場の流れに乗る(底値で購入、高値で売却)
・株価下落局面では資産減少を懸念する
・株価上昇局面では資産増加を喜ぶ


今回の追加購入は長期視点からの判断です
アセットアロケーションにおける国内株式の割合が高い現在の状況はリスクが高いですし、下落局面は安く購入できるので大きなメリットです

基本的には長期視点で相場を見ているつもりですが
これまでの自分を振り返ると長期と短期の視点が入り混じっているなぁと感じます
日々の資産総額も気になりますし、保有株式の株価も気になります(笑)


長期と短期どちらもメリット・デメリットがあるので
基本的は長期視点としながらその時々で判断し、長期と短期の視点を組み合わせることがベストかなと考えています
そのために、購入するときは長期か短期かを常に意識しようと思います

株価暴落②

ひら次郎です

株価の下落が続いています
昨年の11月に投資を始めた私にとっては初の下落局面です


「安い時に買って高い時に売る」
これは当たり前のことですが
これを実行することが、いかに難しいかがわかります

ここが底値と追加購入しても下落し続けるリスクがあります
今が底値かどうか私にはわからない以上
下がっているものを大量に購入することは勇気が必要です
(8000の時期にがあったにもかかわらず、15000→12000で今がチャンスとは思えません...)

そんな私にできることは
・機械的に積立投資を行うこと
・株価低迷時(長期的な期間で)に積立額を増額すること
くらいだろうと考えています

よって、現在の状況では積立投資を続けるのみです


私は月々の総資産の記録は月初めに行っているので
正確な数字ではありませんが
下落前の5月中旬のピーク時と比較すると
総資産は-60万円くらい減少しました
(家計の収支はプラスなので実質は-60万以上の損失でしょう)


私にとっては大きな金額ですが、心境は驚くほど冷静です
淡々と積立を行い、国内株式に偏った比率を徐々に修正していきます

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。